カルマエネルギー解消 & ヒプノセラピー 

menu

Aimelka

やっぱり覚悟は必要 子猫から学んだチャンスの掴み方 勇気を出して一歩外へ 

さわやかな秋の陽気、気持ちが良いですね。

私は、気が早いですが、残り3か月と“もう今年も終わるな~“って、気分的に総括モードになってきます。今年頑張ったこと、来年頑張りたいことを、ふわっと考えています。

コロナで引きこもりも続いていたので、来年は色々と活動していきたいですね。

先日、少し地方に行く機会がありました。ポツポツ家が建っている、田舎の町です。木々が生い茂り、のどかな美しい景色でした。

お昼を食べに、山の中にあるお蕎麦やさんまでのんびり歩いていた時の事です。

私は最初気づいていなかったのですが、歩いていると子猫の鳴き声がすると言われ、探してみると手のひらサイズの子猫が藪の中から出てきました。

可愛いこと、この上ない。

にゃ~にゃ~と鳴きながらこちらに歩み寄ってきて、足下に絡み付き離れない。可愛すぎます。そして、別のところからも鳴き声が。2匹いたのです。そちらは藪の中で鳴くだけで、こちらには出てきません。親猫は近くにおらず、二匹でお腹を空かせているようでした。


ものすごく可愛いのですが、飼ってあげることはできないので、ごめんなさいと去ろうとしたのですが、最初の一匹が、私たちについて来てしまいました。

鳴きながらずっと。

一回、車が来たときは驚いたようで、さっと山の中に逃げ込み、私たちから遠退きましたが、離れた私たちを見て、驚くほど強く大きな声で鳴き始めました。その場を去ろうと歩きを進めると、より強く鳴くのです。

結局、山の中のお蕎麦やさんまでついてきてしまいました。すると、次々とお店に来た人、出て来た人に鳴きながらついて回わり、私が最後に見かけたのは、お店から出てきた小さな子供達とお話ししていた姿でした。

結局どうなったのかはわかりませんが、運良くさっきの子ども達のファミリーになったんだと信じています。

片手サイズの子猫。一歩踏み出した子猫。車が来て怖い思いもしましたが、それでも目一杯声を上げアピールを続け、必死に色々な人についていく。

さて、もう一匹いましたよね。帰り道に覗いてみると、まだいました。私たちに気がつき、鳴き始めましたが、結局出てくることはありませんでした。

さっきまで同じ所にいた子猫たちを比較してみてください。

二匹とも同様に、ごはん食べたい、お水飲みたいと思っても、行動を起こす、起こさないでチャンスを掴む可能性に差があると思いませんか。

もちろん車が来るなどのリスクもありました。何度も断られ、直ぐには結果も出ませんでした。それでも諦めず、小さな体で、声を張ってアピールし続けた子猫。

一方、藪の中で鳴き続ける子猫。

歩いていたところは田舎道だったので、通るのは車やバイクで、歩いている人は見かけませんでした。なので、ずっと藪の奥で誰かがごはんとお水を持ってきてくれるのを待っているだけでは、運に頼るしかありません。

藪の奥に居続けるより、一歩踏み出した子猫の方が、遥かに欲しいものを手に入れる可能性が高いです。

本当に願いを叶えたいのであれば、勇気を出して行動を起こさないと。恥や恐怖を捨てて、みんなに気づいてもらうアピールも必要だし、そして諦めず追い求め続けることができないと。考えているだけ、念じているだけ、願っているだけでは、藪の中の運頼みと同じです。

みなさんの願いは、まわりにアピールできていますか?

やりたいなら、やりたいと

欲しいなら、欲しいと

嫌なら嫌と

止めて欲しいなら、止めてと

困っているなら、困っていると

助けて欲しいなら、助けてと

まだなら、先ずは気づいてもらうことをからです。

第5チャクラが滞っていたり、閉じていたりすると、言いたいことが言えません。言おうと思っても、泣きそうになったり、言いたいことを飲み込んでしまったりします。

しっかりとグランディングをして、第5チャクラのクリアニングをしましょう。行動を起こせば、必ず結果が現れます。覚悟を決め自ら勇気を出して一歩外へ。その勇気が、アピールが、努力が必ず必要な運やご縁を引き寄せます。

大きなことを教えてくれた、小さな子猫ちゃんたちでした。

関連記事

コメントは利用できません。